2015年12月

【日本の麻を愛する人たちへ】


イメージ 1


 日本の麻は、今絶滅の危機に瀕していると言っても過言ではありません。植物学上のアサ(麻)は、別名大麻草とか大麻と呼ばれ、管轄するのは厚生労働省麻薬対策課。

 従って作物としての対応はなされず、乱用防止の視点のみで管理され、栽培許可条件を、「伝統の継承上など、必要不可欠な場合に限る」としているため栽培は衰退の一途をたどっています。

 また、国民の大麻に対するイメージは大変悪く、大麻栽培は守るべきものという意識が芽生えにくくなっています。
 それは、なぜでしょう? 
 
【大麻のイメージが悪く理解が進まないわけ・・】

 この世に「悪い」だけのものはなく、どんなものでもどう使うかで善悪は変わってくるはずです。

 なのに、大麻というと、それだけで「悪」というイメージが蔓延し、それから抜け出せないのが多くの現在の日本人です。
 
 私もかつては、そうでした。
 
 大麻はなぜこんなにイメージが悪いのでしょう?
 
 それは、大麻の産業利用や伝統的な利用、医療での利用をマリファナ解放の踏み台や隠れ蓑にしようとする人たちがいるからかもしれません。
 
《それは、大麻を遊びで吸いたい人たちがいるから》
 現在の日本には、マリファナ解放家などと呼ばれる大麻を吸うことを良いことと考える人たちが存在します。戦前の日本には、こうした人たちは居ませんでした。また、日本在来の大麻は、その成分上、マリファナにはならない品種だったので、乱用されることなく安全に栽培したり利用したりできていました。
 
 大麻が医療や産業に自由に使えない一番の原因は、こうしたマリファナ解放家などと言われる大麻を吸いたい人がいることです。そして、そうした人たちが、有害な大麻を日本に持ち込んでしまったことです。
 
 嗜好利用と医療利用は、全く次元の違う話です。大麻の薬効成分カンナビノイドは、「栄養」ではありません。ヒトの心・・大脳に直接働きかける「薬物」で、本来ヒトの体内で作られるものです。
 使いようによって薬になるかもしれませんが、多くは生命活動を攪乱すると考えられます。これを遊びに使って良いと考える人は、安易すぎて無責任なのではないでしょうか。大麻の医療利用は、厳密な管理制限の元、医薬品としてのみ利用していこうということです。
 
 産業利用においては、マリファナにならない品種を確立し、無害で安全な大麻を栽培しようという動きです。従って本質的にマリファナ解放とは逆の考え方です。
 
 なのに、大麻を吸いたい人たちは、医療利用や産業利用を自分たちの踏み台や隠れ蓑にしたいのか、ごっちゃにして論じようとします。そのため、インターネットなどでしきりに大麻の害を軽視する情報を喧伝しています。こうした動きが大麻のイメージを悪いものにしていると考えています。
 
【賢人たちの考え】
《ラファエル・メコーラム氏》
大麻の乱用の元ととなるTHCの発見者で「大麻研究の父」とも呼ばれる化学者ラファエル・メコーラムは、以下のように述べています。
「特に青少年にとって大麻は、無害な物質とは言いがたい。」
「医療の用途に限定して、厳しい規制の下で真摯に研究を進めるべきだ。」
「今のところ、(大麻については)わからないことが多すぎる。医療に役立てるには、定量的な研究が必要だ。数値を示さなければ、科学とはいえない」。 
NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2015 6月号 より引用
 
《大森由久氏》
日本最大の大麻栽培農家で、日本麻振興会理事長の大森さんは、
「我々は無毒化された麻の産業的な利用を目指しており、守るべきところは守ったうえで栽培に支障のある部分の変更は今後国に求めていきたい。マリファナも許可されるべきと考える人は会には入れない。」と述べています。 
「農業経営者」20129月号より引用
 

人は痛みを言い訳にして
 怠けることがあります。

痛みを大げさに言って、
 自分の立場を有利にしようとすることもあります。

でも・・・

大抵の人は、正しく理解されたいと思っています。

そして
痛みを
できれば乗り越えて、
それができなければ折り合いをつけ、
精一杯生きていきたい、
自分の人生を豊かにしたいと願っています。


  大げさだなんて、思わないで
  ただ、正確に伝えたいだけ 
  痛がりだなんて、言わないで
  それまで、人並みに我慢強く
  ちゃんと生きてきました
  これからだって 
  精一杯 生きていきたい
  痛みと痲痺を生きることになった
               ・・・今でも

2012年6月27日の自身のFacebookより一部修正して再掲。

イメージ 1


「第1回 慢性の痛み関連患者会・支援者リーダー研修会」のご案内

 遅れているといわれている、わが国の痛みに対する医療。
 最新の情報を共に学び、より良い社会作りに生かしましょう。
 志のある方の多数の応募をお待ちしています。

【開催日時】
 平成28年3月19日(土)午後1時~3月20日(日)正午まで(1泊2日)

【開催場所】
 晴海グランドホテル研修室 
 〒104-0053 東京都中央区晴海3-8-1 TEL:03-3533-7111

【テ ー マ】
  ~痛みについて正しく学ぶことは、痛みによる悪影響を最小限にし、 
           ひいては痛みを癒すことにつながります~

【対  象】
 ◎慢性の痛み関連患者会リーダー、慢性の痛み関連支援者リーダー
 ◎難病や慢性的な疾患の患者会リーダーで痛みについて関心のある方
 ◎新しい痛みの概念を学び社会貢献や患者支援に生かしたい方

【内  容】(予定)
 ①慢性の痛みと急性の痛みの違い、新しい痛みの概念や治療法についての講演
 ②ピアサポートについての講演
 ③海外の慢性痛対策についての情報提供・・その他
 そのほか、参加者同士の情報交換や今後の連携についても研修します。

【参加費】 無料

【定 員】 25名程度(提出レポートによる審査があります)

【締 切】 平成27年12月29日(火)必着(第1次締切)

【応募方法や詳細は、↓こちらをご覧ください 


「応募専用フォーム」からも応募できます。実施要綱などをよくお読みになり必要事項を記入し送信してください。

  応募専用フォームはこちら→応募専用フォーム
  実施要綱などはこちら→pdf版

イメージ 1

 
【夜明け】
 脳神経科学の進歩などにより痛みの仕組みが顕かになりつつあります。また、根拠に基づいた医療を求める機運が高まり、これまで信じられてきた治療法が間違いだったことが多く指摘されるようになってきました。

 しかし、そうした医学の進歩に、教育や制度・一般国民の常識がついてきておらず、未だに痛みの患者さんは、的外れな治療や対応をされ続けています。
 
 わが国の痛みの医療は、他先進国に比べ20年以上遅れており、それは患者本人のみならず社会全体に大きな損害を与えています。

 国会内では、「慢性の痛み対策基本法」についての議論もはじまりました。この機を生かし痛みの医療や社会の体制を改善しましょう。

 そのためには、まずは学ぶことが大切。
 共に学び、より良い社会作りを目指しましょう。



 

 



 

 

↑このページのトップヘ